【2020/09/10】GBP/USD 1h足チャネル下抜けの戻り売り
--SponsoredLink--

エントリー

通貨ペア     GBP/USD 1.29784 ショート
保有期間     2020/09/10/21:00 ~ 2020/07//:00
利確予定     1.28900 ~
損切り予定    1.30000(5h足の反転安値)
リスクリワード  1:4~

結果

 
決済 1.27980
獲得 +180pips    
リスクリワード 1:9

トレード根拠

・環境認識

・週足/日足
月足でも200MA付近到達で
週足でも高値の上限付近到達。

そこからの上昇チャネルレンジを下抜け。

まだ日足安値は下抜けていないが
日足安値を目指す中期トレンド転換の可能性もありそう。

・1h/4h足
高値から約60pipsの大暴落。
1hチャネルの下限をも下抜けて
150pipsの戻し戻ってきて
ずっと意識されていた1h足75MAをタッチして下落。
フィボナッチは23.6でかなり強い下降トレンド。

・エントリー基準
1h足のダブルトップ下抜けて
かなり早い速度で60pips急落。

会見もあったせいで
値動きがかなり激しく迷ったが
ダブルトップの高値から
フィボナッチ61.8戻しで反発。
ほとんどの足で確認された
意識されている75MAや200MAでの反発ともかぶって
優位性はかなり高いと判断。

1分足の200MAタッチの後
20pips近く急落で売りエントリー。

・不安材料
会見による急な値動きという事を覗けば
仮に思ったシナリオと違う動きをしても
文句無しのエントリ-と思う。

シナリオ予測

①反発強く上昇して損切り

②4h足安値は目指すがそれまでの強い抵抗が2ヶ所くらい。
そこで反発か下抜け。

③4h足下抜けた場合、
月足、週足レベルの上昇トレンドラインが
少し下にあるのでそのラインで反発。

ここを戻し少なく一気に抜けれなければ
レンジになる可能性も視野に決済。

終了までの動き

・2020/09/10/22
かなり早い速度で急落し
4h足安値を更新。

どこに利確ラインを置いて様子を見るか、
もしくは月足トレンドラインにぶつかって軽く反発したので
プライスアクションを見て利確したいところ。

場合によっては
日足安値を目指してもおかしくない動きなので
長期保有に切り替えたいところ。

・2020/09/10/22
EUR/GBPが下がり始めた事と
メンテ時間も近かったので
1分足の細かい下降チャネル上抜けて利確。

髭つけて下にまたいったので
ベストはもう少し持って安値更新時に走らなかったのをみて
決済出来れば良かったが
充分取れたので良し。

いい意味で予想に反して
反発少なく下げ強かったので一撃180pipsと
文句なしのトレードができた。

保有時のスクリーンショット

終了後のスクリーンショット

--SponsoredLink--