【2020/07/10】GBP/JPY三尊形成途中で長期保有予定のエントリー
--SponsoredLink--

エントリー

通貨ペア     GBP/JPY 134.850 ショート 7/10
通貨ペア     GBP/JPY 134.640 売り増し ショート 7/14
保有期間     2020/07/10/23:00 ~ 2020/07/20/20:00
利確予定     134.350 ~ 133.850 ~
損切り予定    135.350 ⇒ 135.500(4h足の三尊右側高値 ⇒ 右側更新後の高値)
リスクリワード  1.0 ~ 2.0

結果

 
決済 134.700
獲得 +15pips    
リスクリワード 1以下

トレード根拠

・環境認識

・4h足/1h足
21MAがサポートして上昇してきたところ
21MAを割ってから上昇。

21MAでロールリバーサルの可能性。
三尊の右側を形成しそうな形なので
下位足でトレンド反転を確認したら
上昇トレンドから
下降トレンドの転換と認識してエントリ-。

・日足
日足でも三尊の右側の上限に近い。
高値からのフィボナッチで
50~61.8の間での反発なので戻り売り可能と判断。

また安値からはエリオット波動
5派とも取れるので
ここでトレンド終了の可能性もありえそう。

・エントリー基準
1h足・ 三尊形成途中
三尊右側で75MAを意識した
ロールリバーサルと認識してエントリー

・不安材料
ロンドンフィックスの手前で
買いの勢いがかなり強い。

プライスアクションとしては
入るのに少し躊躇する。

フィボナッチを引くと
戻しが50.0にも届いてなくて
まだ61.8までは行く可能性もありそう。

一番の不安材料は
4h足の200MAがサポート強く
ここで強い反発があった為
4hがまだまだ上を向いている可能性がある。

エントリーの失敗

1h足の75MAを意識していて
反発を確認後、
1分足で下降に入ったと判断したところでエントリー。

髭を付けて勢いをつけて下げたので
1分足で見て入ったが
ロンドンフィックスの手前だったので
もう少し様子を見ても良かった。

もう一度上を試すのを待って
135.200付近まで引きつけるべきだったようにも思う。

そのまま下がった可能性もあるので結果論だが
検証を重ねたいと思う。

シナリオ予測

①1h足の75MAを越えて高値からのフィボナッチ61.8を越えて損切り

②1h足の75MAでロールリバーサル、利確目安の安値134.350まで下落

1h足レベルの75MAを越えるようであれば
高値からのフィボナッチ61.8も越えるので
4h足レベルで上昇トレンド継続となる可能性が高いので
そのラインを損切りラインに設定。

狙いとしては
まずは134.350まで到達するかどうか。
そこで反発しそのまま高値を試すか安値を割るか。

反発で上昇トレンド転換した場合はそこで利確。
安値を割る場合は反転まで利を伸ばす。

終了までの動き

10日
エントリー時間が週末クローズが近かった事もあり
終了前の値次第では切る予定だったが
135.000付近でクローズを迎え
持ち越せる位置と判断して決済せず。

来週の週初めの動き次第だが
基本的にクロス円がトレンド転換しそうに思う。

ポンド円を既に持っているが
下落サインの有無やボラ次第では
ユーロ円・豪ドル円で追加ショートも検討。

14日 大きい反省点有り
持ち越したポジション。
月曜日は上を目指す形になった。

最初に決めていた損切りラインの135.350。

この付近に近づいた時、
GBP/USDの日足高値付近で
三尊を形成とする場合の
左側の高値付近に損切りラインを変更。

ロンドンフィックス手前という事と、
この時間を越えたら下がると思った事もあり
損切りラインを変更した。

再度ダブルトップを作る形になり
下を目指したのに
再度上を試して
135.500を越えるようなら
上を目指す可能性も高くなると思うので
下目線が変えられないラインここに損切りラインを変更。

そもそも
135.500が日足で
複数回止められている抵抗線なので
最初からここを損切りラインにしても良かったはず。

もしくは最初の損切りラインで
一度損切りして
持ち直すにしても
上まで待って持ち直すべきだったと思う。

しかし
海外口座という事もあり
入り直すにもスプレッドを考えると
一度切って入り直すという判断が出来なかった。

14日 ショート売り増し

1h足で三尊を作り下抜け
4h足でも三尊を形成して下抜け。

上昇チャネル下限を下抜けて
チャネルがレジスタンスとなり下落。

下落の強い不安材料の1h200MAも下抜けて
その後戻して200MAがレジスタンスとなり
ロールリバーサルの可能性。

この200MAにタッチした辺りで
方向性が長期で下が濃厚と判断し
1m足でタイミングを見て売り増し。

もう一つの不安材料だった
ずっと反応していた4h足の200MAも
実線で下抜けしたので
そのまま勢いをつけて下行く雰囲気もあるが
戻しがあり
4h足での200MAで反発すれば
長期で下の要素が強くなるので
ここで更に軽く売り増し予定。

16日 大きい反省点有り

一度は安値133.970まで下げる。

スイングのつもりで利を伸ばす予定としていたので
そのまま放置したが
実線で抜けた4h足の200MAを
再度突き抜けて上げてきた。

入りは日足・4h足で環境認識して
1h足でエントリーしているので
ダブルボトムを形成して上昇し
134.300を抜けた事で短期トレンド転換時に
利確をするのが望ましいと思った。

これまでも
利を伸ばそうとしすぎて
結局反転して微益撤退や損切りとなっているので
スイングはメンタル的に自分に向いていない事と
細かく利確する方がトータルの利益は伸ばせると感じた。

一度は135.070まで上昇。
乱高下が続き
上値切り下げで下落しはじめたが
134.600付近で止まる可能性も。

明確なトレンドが出ている状態にならないので
次に安値を試す形になれば
反転を目安に利確する予定に切り替え。

17日 大きい反省点有り
16日の夜。

15日の安値133.970まで下がらず
134.035で買い圧力が強く
前回の安値を試さず上昇。

基本ルールで決済すれば
134.300で利確で50pipsは取れていた。

にもかかわらず
長期で入ったつもりな事と下目線が拭えず
ルールどうりの決済を2度目もスルー。

結果、急上昇して
4h足レベルの前回高値を更新し
135.160まで上昇してしまう。

下降チャネルの上限ライン突破した事もあり
完全に目線が上になったかに思われたが
ロンドンフィックス終了後の急落。

そして下降チャネル上限突破は
4h足で髭となりチャネル内に戻った為
勢いをつけて下落というシナリオも。

とはいえ、幅の大きい下降気味のレンジというだけで
方向感はずっとでない本来なら手じまうべきかと思う。

長期目線としてはまだ根拠が崩れていないので
長期保有するなら
まだ正しいかもしれないが
トレンドが出なかったのだから
そのときのルールどうりの決済をしていないので改善すべき。

決済出来ない理由としては
長期下目線が抜けきらない為。

もう一つとしては
長期のエリオット第3波を狙ったつもりが
レンジになってしまい
1h足としては第3波で一度手じまうという経験が無く
目線を変えれない。

改善策としては
トレンドが発生すると踏んで
長期予定でエントリーした場合でも
トレンドが発生しなかった場合
短期足と考えて第3波と思われる波動の値幅を取って
逃げる事を癖付けていく。

18日 クローズ 大きい反省点有り
135.160を付けて下落後、
戻りで何度も135.000を試し下落。

下降チャネルの上限を勢い付けて突き抜けたのに
チャネル内に戻ってきた事から
やはりまだ下落の可能性が高いと思っている為、
決済はせず保有。

一度134.120まで付けて反発で
ルールどうりならまた134.320付近での利確。

しかしここで決済せず下落目線消えず
またも保有したまま。

レンジ幅の大きいレンジなだけで
トレンドが出ていないので
ルールにそって利確していれば
何度も利確出来たポイントなのに
これをどう納得出来るようにするかが課題。

下降チャネル上限が変わったので
134.700付近を越えるようなら
135.700を試す形になる可能性が高いとおもうので
その付近を目処に利確予定で来週を迎える事とした。

不安材料としては
下降チャネルに沿って上値は切り下げているのに
徐々に下値切り上げとなっている事。

終了後の動き

保有時のスクリーンショット 10日

・1時間経過後

保有時のスクリーンショット 14日

保有時のスクリーンショット 14日 売り増し

保有時のスクリーンショット 16日

保有時のスクリーンショット 17日

保有時のスクリーンショット 18日 クローズ

20日 反省点有り
まず朝一。
クローズの時に損切りラインをそのままにして就寝。

朝はスプレッドがかなり開くので
これによって損切りされるハメに。

20pips以上の損失。

朝のスプレッドでやられるパターンは
本当に何度もやってしまっているので
週またぎの時は相当余裕のある値幅がない限り
損切り解除する事にしようと思う。

このせいですぐに持ち直したが
本来ならここで優位性のあるポイントではないので
エントリーしなおすべきではなかったが入ってしまった。

なので今回の結果は
朝にスプレッドで狩られて無ければという体で結果を書く。

そして

五十日で朝からかなりの勢いで上げてきて
本来なら損切りするラインの高値を超えたが
10:00を過ぎた後に落ちると判断して保有する事に。

予想どうりその後
反転して下落してきたが
欧州時間で反転して高値を目指す形に。

下降チャネルの上限を超えた
134.700を越えたところで微益撤退。
(今回は朝のスプレッド狩りがあって実際は損失)

終了後のスクリーンショット

下降チャネルを上抜けで
1h・4h足でフラッグと取れるので
この後は135.800を目指して上昇すると判断。

上抜け後に
チャネルのラインまで戻ってきたら
買いでエントリーする予定で待っていたが
勢いが強くそのまま135.800を抜けて更に上昇。

--SponsoredLink--