ロスカットについて

FXについて調べはじめると
よく聞くロスカットっていう用語。

ロスカットレベル(必要証拠金維持率)
についても触れるので

しっかり覚えておきましょう!

--SponsoredLink--

ロスカットとは

指定された範囲以上の損が出てしまった場合
ポジションを強制的に決済される事!

ちなみに、ポジションってのは
自分が持っている通貨ペアの事で
決済していない状態の事。

ロスカットは
良い意味で言えば
それ以上の損失を出さないので
強制的に決済させることで損失が膨らまずに済む。

けど、そのまま決済してなければ
利益が出たかもしれない。

そこは正直難しいところかな、
と思うけど・・・

理想はリーマンショックやスイスショックと言われる
大暴落等があったとしても
ロスカットされないだけの資金、取引数で運用する事ですね。

EAについての考え方

これは自分の考えですが

システムは所詮システムで
決められたロジックに従って取引するだけです。

最初は任せっきりだとしても

最終的にはシステムだけに任せるのではなく
場合によって、止める。

損失が出そうなポジションを決済する。

といった判断が出来るよう
システムを武器として扱えるくらいの知識を
得る事が大事かなと考えています。

とはいえ、
全部チャートを見ていられるわけではないので
システムに頼りっきりになる事が多いと思いますが

こちらもやはり資金が足りないと
システムの本来の動きを発揮しないまま
決済して損失を出すという事にもなりかねないので

ロスカットの起こらない資金運用を心がけたいですね!

必要証拠金維持率について

ロスカットレベルとも言われている
必要証拠金維持率について!

必要証拠金維持率とは
実際に取引している金額に対して、
証拠金の残高の割合のことです。

例えばだけど
口座に 10万円
(証拠金)

円/ドルの通貨ペアで
1ドル=100円の時に20000通貨
(0.2lot)の取引をしたとすると
※ロット数は会社によって変わる場合もあります。

レバレッジ25倍だと
80000円の証拠金がいります。

すると
証拠金は20000円 必要証拠金80000 0.2lot保有ポジション ±0円
となりますね。

で、この場合の必要証拠金が
証拠金残高(100000円) ÷ 必要証拠金(80000円)=125%

つまり証拠金維持率125%という事になります。

そして、
強制ロスカットされるラインは
FX会社によって違います。

自分も使っている
日本のFX会社はロスカットレベルは
必要証拠金維持率が100%を切った時となります。

値動きがあって

1ドル = 99円になった場合

細かい金額の変動は割合しますが

証拠金は0円 必要証拠金80000 0.2lot保有ポジション -20000円
となります。

で、この場合の必要証拠金が
証拠金残高(80000円) ÷ 必要証拠金(80000円)=100%

ここまでなる前にマージンコールといってメールなどで知らせてくれますが
ここから1銭でも下がれば強制ロスカットされるという事です。

決済して、-20000円の損を確定し
証拠金残高80000円になるという事ですね。

これが強制ロスカットにより損失を抑えられたのか
それとも、取り戻す事が出来たのかはわかりませんが

意図しない形で決済されてしまうわけなので
資金は余裕を持って運用しましょうという事です!

マージンコール

マージンコールとは、
証拠金維持率がある程度下がると警告の事です。

証拠金を追加するかポジションを決済するかして
証拠金維持率を引き上げることを求める警告ですね!

以上がロスカットを起こさせない為に
知っておくべき事となります。

ここはしっかり理解しておきましょう!

--SponsoredLink--

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人プロフィール

pf01

名前 **よし**

パチンコ・パチスロで
期待値稼働を覚え
勝ち組の仲間入りを果たす

その後、
システムを利用した
システムトレードで
FXをやりはじめる

最低限の知識を深め
裁量トレードも開始

勝つ為の手法を確立する為
トレード日記をつけはじめる

プロフィール詳細

カテゴリー

アーカイブ

このページの先頭へ